自分の厄年祝いにゴンク竿を購入した。手にするのみ見るのも初めてだったが、以前自作したモノに比べてさすがに完成度が高かった。しかし、時間をかければ作れなくはなさそうなので、いずれはおれた竿の再生等を兼ねて製作に挑戦してみたい。

瀬戸内のアルバトロス艦長さんよりリクエストを頂きましたので、竿の紹介のあとに私なりのゴンク釣法を載せました。私もまだまだ素人の域を出ませんが、ご意見等有りましたら是非頂ければ幸いです。

穂先
カーボンソリッド製で長さは約90cm、穂先は1.0~1.5mm程度、船竿用のガイドが糸で巻かれており、エポキシ樹脂塗料でコーティングされている。替え穂先付き
接合部
自作したときは竿の中からソリッドを出したが、これは穂先を雌型になっていて、胴にかぶせる形になっている。これなら仕舞込寸法もかさばらない。
ダイワのアジビシという100号の竿の胴が使用されている。かなりしっかりした胴で5kgの真鯛でも楽勝か。自作の時は50号のグラスを使用したが、さらに強度があるといえる。穂先は当たりを取るだけなので、あわせはほとんど胴の先で行うようになる。
竿全体
振ってみた感じはかなりしっくり来る。シンクロ率は高そうだ。穂先の完成度は高く、全体的に調和している。全長は元竿のアジビシは2mだが穂先が付いたので2.4mぐらいになっている。長さも適当か。
価格
松山のハリキチの店長が製作する。私の買ったのは安い部類で2万2千円だった。元竿の値段でだいたい決まるとかで、完成品で2〜8万円ぐらいか。ちなみに私の元竿ダイワのアジビシはだいたい8,9千円。穂先2本と改造代で1万円強と言ったところか。


銀玉流 ゴンク釣法

ゴンクとの出会い 私が初めてゴンク釣りをしたのは最近のことで、自分の船を持ってからのことだった。幼少よりなじみのスズキ釣具店に胴付きで使う活きエビを買いに行ったときに見たのが最初だった。今では、宇和島に限らず松山の釣り道具屋でもどこでもあるが、当時は余り無かったような気がする。只、ゴンクの発祥は松山と聞いている。松山や高知方面から釣り人が好んで使うようだ。ゴンクの原型は宇和海でも鯛釣りに使うカツケ(鯛テンヤ)だと思うが、わたしもカツケを使って釣りをしていたので、ゴンクおもりを抵抗無く受け入れることが出来た。ちょうどマイボートを持ってから釣趣を求めて極力竿釣りをするようになっていたので、ゴンクは竿釣りに最適だった。

初の獲物 当時よりゴンク竿があることは知っていたが、何万円もする竿を使うのは私の漁師根性が許さず2500円で購入した20号のインターラインの船竿を使っていた。ゴンクおもりがだいたい15〜20号だったので20号を選び、シャクった時にガイドに絡むのを避けるためにインターラインにした。PE3号をスピニングに巻き6号のリーダーを7mほど付けていた。今考えれば信じられない程使い勝手の悪いタックルだった。インターラインのためおもりの沈みが悪いし、竿はメリハリ無く根本からグにゅっと曲がるし・・・しかし、初の実戦で50cmのコズナを始めイトヨリやホゴを釣り上げ、その後も真鯛多数、イシダイにコロダイと大物を撃破、竿を自作するまでは2代目インターライン使っていた。

自己流釣法 活きエビという最高の餌を使う釣りなので大分餌に助けられているとは思うが、竿は何とか専門竿でなくても代用できた。私の友人の漁師は30号ぐらいのゴンクおもりに冷凍海エビを付けて、ビシマで鯛やコズナを釣っているヤツが居る。しゃくったときに、ビシマのビシ(糸に30cm間隔ぐらいで付いている小さいおもり)が船縁に当たりエビが微妙なよい動きをするのだそうだ(本当か?)。ただ、カツケよりゴンクを使う方が良く釣れるらしい。

掛かり釣りの場合 宇和海での釣り方はほとんど掛かり釣りになる。真珠筏やブイ、養殖筏に船を係留して釣る釣り方だ。だいたい30分程ひとつのポイントで粘り、釣果がなければ移動を繰り返す。ただし、ゴンクのベテランに言わすと大物が釣れたポイントは必ずまた大物が上がるそうだ。粘りも必要かも。狙う水深は50〜70m、底が岩場なら3,40mぐらいから攻めることもある。ゴンクおもりは15〜20号を使用する。タナは、真鯛は底から15mまでに居ることが多いし、コズナ、イトヨリ、石鯛、ホゴは底がタナになる。

 1. ゴンクが着底したらラインを張って30秒程様子を見る。これは、沈む途中で寄って来るときもあるので。調子が良ければこの段階でヒットする。

 2. 最初の誘いで3〜5回程大きくゆっくりシャクってみる。この時シャクる度にトップの位置で5〜10秒程止めて当たりをみる。

 3. おもりと着底させて、ラインを張って反応を待つ。30秒〜1分くらい。何らかの反応がでれば待ってみる。

 4. 反応が出なければ繰り返す。ただし、狙いが真鯛の場合はここでカツケアクションを行う。ゆっくりとポンピングしながら底から15mぐらいまで巻き上げて当たりを待つ動作を入れる。

 流し釣りの場合 コズナやイトヨリの一本釣りの要領でゴンクを使う方法。潮の流れの緩い水深50mまでなら15〜20号のゴンクを、水深60m以上や潮の速いところでは25〜30号のゴンクを使うと良いでしょう。流し釣りの場合、魚は底にいるので底取りをしっかりしましょう。ただ、当たりを待つだけでなくシャクってアクションを付けます。船が流れて広範囲を攻めることが出来ます。

MYタックル 先日、上記の通り松山でゴンク竿なるモノを買ってしまったので、これにPE3号を巻いた3000番のリールを付けて使います。ゴンクおもりは12,15,18,20号を潮の流れに応じて使い分けます。お気に入りは18号。自作したゴンク竿も竿の完成度は低いものの十分釣りに耐えました。感度とフィーリング(シンクロ率)も良かったです。私の場合、同行者はゴンクが苦手と言うか、ゴンクでは釣れないので胴付きとかする人が多いのですが、タックルにも問題があるようです。50号の船竿に15号のゴンクとか・・・私の目指すところは餌取りのハゲやフグの当たりも逃さず釣ることです。イシダイの前当たりなどはカワハギの様な感じです。真鯛も当たりこそ大きいですが、餌に触れた瞬間から把握しておきたいのです。特にしゃくった餌を追いかけてきてくわえた瞬間など感動モノです。ルアーのように魚を誘う繊細なやり取りと1mの大物でもやり取りできる豪快さを兼ね備えたのが、ゴンク釣りではないでしょうか。海中のゴンクの状態をイメージしながら釣ることが大切です。漠然と竿をしゃくっていたのではなかなか釣果は付いてきません。シャクリ方も色々とパターンを変えてみるのも良いでしょう。今後ですが、私はゴンク竿を買ってしまったので、先の釣行で破損したゴンク竿零号機を美麗改造してゲスト用に貸し出そうと思います。商売柄得意のゴルフクラブのシャフトを使った新しい連結方法を模索中です。完成したら公開したいと思います。こうご期待。

餌の付け方 ゴンクおもりに餌を付けるときは、基本は1匹掛け、エビのしっぽを切り長い方のハリを尻尾に、短い方のハリを腹に掛ける。こうすると、ハリ掛かりが良い。食いが悪いときや餌取りが多いときは2匹かけにするが、ハリ掛かりが悪く本命がヒットしてもエビを食いちぎられることが多い。そんなときは大きめの針を腹深くまで刺すと掛かりやすい。 

気づかない内に餌取りにやられたり、餌が外れていることもあるのでマメに餌は替えましょう!


銀玉自作ゴンク竿零号機(プロトタイプ00)改良工事完了!

 これがゴンク竿零号機改のすべてだ!!

ベースはグラス3本継ぎ船竿で2100円でした。穂先の部分を切断し、自作したゴンク穂先を繋ぎます。全長約3m
穂先はやはり安価なグラスソリッドを使用しました。560円也。視認性を高めるために、ラッカーで白く塗装しました。
一番工夫したところ。ゴルフクラブのカーボンシャフトを連結部に使用しました。肉厚で丈夫な上、2層構造でグラスソリッドがぴったりハマりました。
今回の穂先は直径1mm。ガイドは糸巻きがめんどくさかったので、普通のガイドを瞬間接着剤で固定しました。ガイドは9個で1400円でした。

当面、この竿は私のスペアーかゲスト用で使用するつもりです。作り始めると割と面白いので、次回は本買う的な竿に挑戦してみたい。