最終結果 


 昨秋に引き続き、焼鳥一揆協賛モイカダービーを開催中です。開催要項は下記の通りです。基本的に焼き鳥一揆のお客さん、MAFC、JCフィッシング倶楽部メンバー並びにHPをみていただいているアングラーの方ならば、どなたでもエントリーできます。焼鳥一揆にモイカを持ち込むか、計量の上写メをとって送ってください。写メを撮るときには、なるべく大きさがわかるタバコやジュースの缶など対照物を獲物と一緒に撮ってください。

・ 開催期間 2012/01/01〜2012/05/31 ダービーが盛り上がったら、終了後日表彰式並びにオフ会を焼鳥一揆にて開催予定

・ 評価基準  最重量のモイカを釣った人が優勝となります。大物の春!!とはいえ、年中キロオーバーが出る昨今、ミニマムは自主規制で特にもうけません。自らのプライドでエントリーして下さい。ただし、一度エントリーした方は、エントリーしたモイカより大きいものでないと再エントリーできません。違う部門であればエントリーできます。

・ 成績優秀な方は焼鳥一揆さんより賞品が提供されます。焼き鳥一揆に飾ってある優勝トロフィーのリボンに名前を記入して栄誉をたたえます。釣法に限らず最重量を釣った方の優勝となりますが、今回より部門賞を設けます。カテゴリーは陸っぱりエギング部門、テイップラン部門、泳がせ部門、ヤエン部門がです。4部門制覇して総合優勝を狙いましょう!

最後に「春こそ釣ろう!優勝ラインは3キロオーバー!」

現在のランキング(ウエイトをクリックすると写真が見れます。)

 最重量部門 TOP10

順位 釣行日時  アングラー名    ポイント   重量(Kg)   釣法  
05/19
和夫兄隊員
吉田
2.60
エギング
2
05/31
寿司ふなき
吉田
2.58
餌釣り
3
03/07
銀玉
北灘湾
2.23
テイップラン
02/27
銀玉
能登崎
2.03
ティップラン
5
01/23
火の口隊員
愛南町
1.84
エギング
03/03
和夫兄隊員
由良半島
1.60
エギング
01/07
DD隊員
柿の浦
1.28
ティップラン
01/22
銀玉
北灘湾
1.17
ティップラン
04/12
オーノ隊員
北灘
1.15
ティップラン
10
01/08
銀玉
竹が島
1.12
ティップラン

陸っぱりエギング部門

順位 釣行日時   隊 員 氏 名    ポイント   重量(g) 
1
05/19
和夫兄隊員
吉田
2.60
2
01/23
火の口隊員
愛南町
1.84
3
03/03
和夫兄隊員
由良半島
1.60

テイップラン部門

順位 釣行日時   隊 員 氏 名    ポイント   重量(g) 
1
03/07
銀玉
北灘湾
2.23
2
02/27
銀玉
能登崎
2.03
3
01/07
DD隊員
柿の浦
1.28

泳がせ部門

順位 釣行日時   隊 員 氏 名    ポイント   重量(g) 
1
05/31
寿司ふなき
吉田
2.58
2
01/26
火の口隊員
愛南町
1.54
3

ヤエン部門

順位 釣行日時   隊 員 氏 名    ポイント   重量(g) 
1
2
3

モイカダービー2011秋の結果を見る!

モイカダービー2011春の結果を見る!

モイカダービー2010秋の結果を見る!

モイカダービー2010春の結果を見る!

モイカダービー2009春の結果を見る!

  
勉強部屋  モイカについて勉強しよう。

アオリイカ(ヤリイカ科) 学名 Sepiateuthis lessoniana  英名 Big fin reef squid

・地方名(方言):ミズイカ、モイカ

胴長が45cmにも達するイカで、身が比較的厚く、半月形の大きなヒレが特徴。北は北海道から南はオーストラリアまで、西はインド洋西部、紅海から東はハワイ諸島までの温帯から熱帯域にかけて広く分布している。

一般に、イカ類のオス・メスの識別は一見しただけでは難しいが、アオリイカについては胴長15cm以上以上になると斑紋の違いで比較的容易にできる。すなわち、オスは横に走る紫色を帯びたスジができるのに対し、メスは小さな円形の斑紋となる。

寿命は1年で、春先から夏にかけて沿岸に寄ってきて、水深10m前後のホンダワラ等の海藻類に卵を産みつけ、一生を終える。1回の産卵数は200 〜8,000 粒で、ふ化した時の大きさは胴長5mmで、45日目には約5cmとなり、それ以降は月4cm以上の割合で急激に成長し、オスはメスより大型となる。玄海では大きさで呼び名が変わり、一般に小型のものはモイカ、大型はミズイカと呼ばれる。

漁獲量は年100 トン程度で、ケンサキイカに比べると1/10程度と少ないが、大型のものがとれる春から夏には産業上重要なイカとなる。資源を増やすために産卵場の造成や小型イカの保護等が考えられている。

最もおいしいイカの一つで、値段もケンサキイカと並んで高い。新鮮なものは何と言っても刺身が最高。塩焼き、煮付け、一夜干し等にしても非常においしい。

                       *参照 佐賀県のHP